キャッシング返済方法

キャッシングで借り入れしたお金は返済しないといけませんが、この返済も自分に合った方法が便利です。インターネットでの返済、自動引き落としの口座振替、振り込み、スマホのアプリ、コンビニや銀行の提携ATM、などがあります。返済時の手数料がかかったり、外出して店頭やATMまで行かなくてはいけなかったり、時間が限られていたり、土日はできなかったり、カードが必要だったり、各返済方法で違いがありますから、申し込む際に確認しておくことをお勧めします。

お金の返済のやり方

返済の方法としては、店頭で返済・ATMから返済・ネットで返済・口座引き落としで返済・現金書留での返済などがあります。

店頭で返済

店頭での返済の場合には、出入りするところを人に見られてしまったりする場合も考えられますし、わざわざ外出し店頭に出向かないといけませんので時間も手間もかかりますが、直接返済についての相談などができますから、相談などしたい場合に電話より店頭がよい人には向いていると思います。

ATMから返済

ATMなら、銀行の本店に支店、各コンビニのATMなどから返済ができます。ローン専用カードでの返済や銀行の普通預金キャッシュカードによって対応していないATMもありますから、申し込みの時に確認された方がいいと思います。

ネットで返済

インターネットでは、銀行なら同じ銀行間での振り替えや他行からのネットバンキングやアプリでの振り替えなどの返済も対応していれば、店頭にもATMにも行かずに済みます。

口座引き落としで返済

銀行の口座引き落としでの返済なら、返済し忘れてしまうことが防げますので、うっかり忘れてしまいそうで心配な人にはおすすめと思います。

現金書留での返済

借り入れをする業者によっては、現金書留による返済に対応しているところもあります。現金書留の場合には郵便局の窓口で現金封筒を買わなくてはいけなかったり、送料や手数料がかかります。また、郵便の配達にかかる日数もあります。

終わりに

スマートフォンの普及で多くの人が1人1台は持っているのもあり、スマホからのネットバンキングやアプリを利用した返済が大変便利と思います。スマホの普及前は忙しすぎてうっかり忘れてしまうなんてことがありました。また、店頭での返済や現金書留での返済には、消費者金融が対応している場合が多いと思います。

これらの返済に利用できる方法以外では、返済の日付を選択できますから、給料日などのことを考えて自分に合った返済日を選び、借り入れと返済の計画を立てて、上手に便利な利用をしましょう。

前の記事

キャシングの返済方式